• TOP
  • >
  • 薬事法について

薬事法について

■はじめに

取り扱い商品のうち、サスペンションベースのみ化粧品として扱い、他の商品はすべて雑貨として販売しております。ネイル用として謳われているもののみを扱っておりますが、ブレンドを重ねる過程において化学反応が起こる可能性がゼロとは言い切れませんので、使用後爪や皮膚に違和感を感じた場合はすぐに使用中止することをお勧めします。

■店主から一言

海外では個人が作ったポリッシュをインディーズポリッシュと呼びDIYが流行しています。自分のためだけに作る世界にひとつだけのオリジナルポリッシュ製作を楽しんでいただけたら幸いです。

■注意

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(旧薬事法)第2条3項「化粧品とは人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう。ただし、これらの使用目的のほかに、第一項第二号又は第三号に規定する用途に使用されることも併せて目的とされている物及び医薬部外品を除く」に基づき、ポリッシュは「化粧品」であり「爪化粧料」に分類されます。法律上ポリッシュをブレンドすることは「化粧品製造」に当たり、同法律第13条「医薬品、医薬部外品又は化粧品の製造業の許可を受けた者でなければ、それぞれ、業として、医薬品、医薬部外品又は化粧品の製造をしてはならない」に違反します。さらに販売・譲渡には「化粧品製造販売業許可」が必要となり、これを破ると法律違反となりますので注意が必要です。

ただし個人が自己責任のもと自身のみが使用するために製作する分には問題なく、当店ではお客様自身で楽しんでいただくことを目的とし商材を扱っております。